江戸前寿司から玉子焼屋へ

初代・齋藤乙松(おとまつ)が、日本橋市場(現在の人形町)の寿司屋「松露寿司」に丁稚奉公に出されたことが松露の始まりです。現在では三代目の齋藤元志郎が味を受け継ぎ、築地場外市場に本店を構え、国内外のスーパーやデパート、駅内に展開しています。

選ばれる理由は「味」と「色」

松露では徹底した安全管理を理由に「都路のたまご」を使用しています。
安心安全はもちろんのこと、たまごの"味と色"は生産者との二人三脚により長い歳月をかけて作り上げてきた結果によるものです。松露の玉子焼が、ふっくらとしていて、なめらかな舌触りを生み出せるのも、「新鮮なたまご」のみを使用し続けているからこそです。

会社情報

社名:
つきぢ松露 株式会社
代表者氏名:
代表取締役社長 齋藤 元志郎
事業内容:
玉子焼製造販売
会社設立:
昭和27年7月
資本金:
1,000万円
従業員数:
40名

所在地

本社

住所
〒104-0045
東京都中央区築地 4-13-13
Tel / Fax
03-3543-0582 / 03-3543-0585
営業時間
月-土 4:00-15:00
日・祝・休市日 10:00-15:00

新店

住所
〒104-0045
東京都中央区築地 4-7-5 KYビル1F
Tel / Fax
03-3542-0582 / 03-3542-0582
営業時間
月-土 09:00-18:00
定休日 日・祝・休市日

工房

住所
〒104-0045
東京都中央区築地6-14-2
松木ビル1F

沿革

大正13年
初代・乙松が「松露寿司」ののれんを築地に掲げる
昭和20年
戦後、乙松の妻・よしが店先で玉子焼を焼き始め評判となる
昭和21年
「松露の玉子焼」を本業としてスタート
昭和27年7月
二代目・巳代吉が有限会社松露設立
昭和57年
茨城県坂東市(旧岩井市)の「都路のたまご」から鶏卵を仕入れ始める
昭和58年5月
三越銀座店リニューアルを機に、B2F食料品売り場に出店
昭和58年12月
三越日本橋本店 出店
昭和61年
都路のたまごを指定鶏園として契約。玉子焼に合うたまごの企画開発を共同で進める
昭和61年6月
三越新宿店 出店(平成16年閉鎖のため撤退)
昭和61年9月
大丸東京店 出店
平成元年10月
三越池袋店 出店
平成2年
茨城県坂東市(旧岩井市)に玉子焼工場を立ち上げる(同16年閉鎖)
平成4年10月
東武池袋店 出店
平成5年8月
そごう柏店 出店(同13年撤退)
平成14年7月
つきぢ松露株式会社へ商号および組織変更
平成14年9月
そごう横浜店 出店(平成24年撤退)
平成16年8月
東京都江東区に新工場「塩浜工場」を立ち上げる
平成16年11月
東急東横のれん街 出店
平成18年10月
松露初の路面店 築地新店 出店
平成24年7月
グランスタ東京駅エキナカ店 出店